今宵、お兄ちゃんに夜這いします。 《 04

兄への恋慕は必死に隠しているつもりだった。

「いつ、から……?」

いったいいつからこの気持ちが彼に知れていたのだろう。

「さあ、覚えてない。でもおまえ、わかりやすすぎ」

「んむ……っ」

唇をふにふにと指でたどられている。弓形にそって指でなぞられているだけなのに、友哉の細長く角ばった指が触れていると思うだけであらぬ箇所が疼く。

(私って、変態なのかな)

じいっと兄を見つめる。いっぽう彼のほうは、ほほえむでもなく静かに智香を見おろしていた。それから顔を寄せ、口をひらく。

「それにしても……こんな格好で誘惑されちゃ、たまらない」

「ん……っ!」

口付けは激しかった。先ほどとはくらべものにならない。絡め取られた舌は根もとから大きく吸われている。
息苦しくて、でも求められていることが嬉しくて四肢の先端が甘く震える。

「ふぁっ、う」

さらけ出ている乳房の先端は尖りきって、彼に触れられるのを心待ちにしていた。
ふくらみのいただきに、早く触れてもらいたい。身体を洗うとき以外は自分でもさわらないのに、そんなふうに思ってしまう。

「あっ、あ……!」

じゅぷっと淫猥な水音がした。友哉の舌が離れ、彼の顔自体がすぐに見えなくなった。
彩夏の胸もとに顔を寄せ、友哉はふたたび赤い舌をべえっと外へ出す。

「ひぁっ!?」

口の次は乳首だ。熱い舌がしこった乳頭を根もとからえぐるようにレロリと舐め上げた。それだけでは終わらず上下になぶられる。

「はぁっ、あ……! んぁっ、ぅ、ふ」

恋焦がれてきた兄の舌がふくらみの先端を舐めしゃぶっている。その事実が肉体をよりいっそう甘く反応させる。

「お兄ちゃん、おに……っ、あ、あぅっ!!」

口に含まれていないほうの乳頭を指でぎゅうっとひねられた。痛いほどに強くそうされたのに、ぞくぞくと身体の内側が熱を帯びて頭の芯がしびれてくる。
痛いのに、気持ちがいい。やはり自分は変態だ。

「もっ……と、もっと……、お兄ちゃん……ッ!」

「んー? いまの、痛くなかったのか? きつくひねったのに」

「い、痛かった……けど」

それ以上に気持ちがよくて、いっそう刺激がほしくなった。そう告げると、友哉は困ったような笑顔を見せた。

「そういうこと、言うなよ……。これでも加減してんだから。本当は、もっと」

「っ、ひゃぅ……!」

上半身のふたつのつぼみをぎゅうっとうえへ引っ張られた。片方は唾液で湿っているから、つままれている感触が左右で異なる。

「おまえがあんまり可愛く喘ぐから、いじめたくなっちまう。痛い目にはあわせたくないと、思ってはいるんだが」

「あっ、ぁ……っ! ん、アァ……ッ!」

つままれた両方の乳首をぐにぐにと四方へ引っ張られて身をよじる。痛いのと気持ちがいいのは半々くらいだ。
眉間にしわを寄せて悶える智香を見つめ、友哉がつぶやく。

「言ってることとやってることが違うな、俺は……」

「んっ、ひゃ……!」

友哉は智香の乳首を放して乳房をわき腹から寄せた。中央に並んで立っているつぼみを親指で突き上げながら、口に含む。

「んぁぁっ……ッ!!」

カリッと歯を突き立てられ、するどい痛みを感じていっそう顔をゆがめる。

「っ、たまらないな、その顔……」

「ふぁ、う……っ、ん、んんっ」

赤いとげを素早く交互に舐めしゃぶり、指で転がしながら友哉が問いかけてくる。

「おまえは本当に、こんな俺を好きなのか? おまえが痛そうにしてるところを愉しむようなやつを」

問われ、あらためて考える。彼と過ごしてきたいままでの時間を思い起こす。
回想しているあいだも両乳首への愛撫はゆるまない。

「っふ、ぅぅ……」

前 へ    目 次    次 へ